読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダで食べてみる?

移民の国、カナダの特権は世界各国の料理を楽しめること。

カナディアンのソールフード、プーティーンのチェーン店【Toronto】

SMOKE'S POUTINERIE
Toronto

生粋のカナダ、ケベックのフード、プーティーンのお店。
結構そこらじゅう、州をまたいであります。
バサースト駅近くのお店は日系カナディアンがマネジャーだそうです。



一度は街中で見かけたことあると思う、
このキャラクターの人の顔、
おばあちゃんだと思ってたら、
オーナーのオジサンの顔らしいですね!
もう私にはおばあちゃんにしか見えません。。。

働いてる人はジャンキーな人が多いです。
手の込んだ仕込みは各お店でなくて、
出来上がって温めるだけみたいなものがセンターから送られてくるのでしょうか。
たくさん支店がカナダ中にあるので、そーゆーのは発達してそうですよね。

夜遅くまで開いてるのですが、
やっぱその時間帯のお店に来るお客さんもジャンキーな感じの人が多いです。
普通の人ももちろんきてますが。

このプーティーン、量が多く、
とってもおなかにたまるので、
空腹のときに行かれるのをお勧めします。

油っこいから苦手って人も多いよう。
これが『料理』なの?ってゆう。

カナダはフライドポテトが主食だといっていいと思うので、
彼らにとってプーティーンは丼ぶり的なものではないかと。。。

種類は豊富。

フライにグレイビーソースとチーズがかかっているものが基本で、
さらにポーク、ビーフ、チキン、マッシュールームやオニオン、などなど。
ベジ系もあります。



マックのコーヒー持ち込んですいません。
この時は、一人1個オーダーしてますが、全部食べれなかったんじゃないかな??
基本、持ち歩きたくないので、がんばって食べ終わらせます。

見てるだけでも日本の感覚では考えられない料理です。
でも私は好きなんです。
たまーに食べたくなります。
一種類しか頼めないけど、友達とシェアするのがいいかもですグッド!

多分、最近だと思うけど、
プーティーンの置いてないお店はないんじゃないかってくらい、
どこでもプーティーンがメニューにあります。。
ピザ屋さん、ケンタッキーやマック、パブにはもちろん、
ポテトのあるお店(つまりほぼ全店笑)ならどこでも。

カナディアンはプーティーン大好きなので、
ビジネスできるとやっと気づいたのでしょう笑



この時はジャンキーでも普通でもないお客さんが来てました。
ハロウィーンでもなんでもありません。
トロントの日常ひとコマです。
スパイダーマンも街でたまに見かけます。何なんですかね、彼ら。

バットマンは
『私は今、人助けしたいんじゃない、プーティーンが食べたいんだ!』
とカッコよく言って周囲を笑わせていました。


おまけの写真


にほんブログ村 グルメブログ 各国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村