読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダで食べてみる?

移民の国、カナダの特権は世界各国の料理を楽しめること。

ローカルに根付いたパブ【Toronto 】

3030
Toronto

地元のカナディアンらしき大人な人たちばかりがお客さんです。
お店の中は広々していて、
家具?やデコレーションなどおもしろいつくりです。

赤いカーテンの向こうはステージ。
多分週末だけです。



レトロなゲーム台。ちゃんとコイン入れたら動きます。



もうこの雰囲気から私の好みです。

ここのお店の特徴は、フードが$5~7のスモールプレートと呼ばれるものがあるところ。
日本の居酒屋みたいに、安く、少ない量のものがオーダーできます。
しかも、ただのフレンチフライ、
とかただのウィング、
とかじゃなくて、
ちゃんと『作られてる』料理。
創作料理とでも言うのかな。
ここでしか食べれないものばかりです。
毎回、3品はたのんでます。

カナダのパブでちゃんとした料理を
しかもこんなお手ごろ価格で試せる。


聞いた話によると、
どこかで有名なレストランで働いてたシェフが料理を作ってるようです。
なので、おいしいのはもちろん。ひとひねりも、ふたひねりもあります。
シェフは忙しくない時、外に出てきて、
お客さんとおしゃべりしてます。
私の席にも来て料理どう?
って聞きに来てました。
パブじゃなくてレストランみたいに。

ではそのスモールプレートの紹介。全部で10種くらいかな??
そのうちのいくつか。



ちょっと暗いんですけど。。。
左がpork bellyなんとか。
右がbutter chicken wings。
少なめ量で数種類を2、3人でシェアがちょうどいいです。



Mac'n blue cheese
これが病み付きです。
ほのかにブルーチーズくささがあるだけでそれがくせになります。



pig tailなんとか。
そのときの店員さんおおススメ。
ピリ辛スパイシーソースです。



これ、名前はSteak tartar。
生肉です!
カナダで生肉!しかも生卵黄!
一回目、暗闇で食べたので、はっきり見えず、確信を待てず、
とりあえずおいしかったのでまた頼んでみたらやっぱ生でした笑
そして、おいしい。



そして、デザート。
chocolate cookie cheese cakeだったかな?
これも他で食べれるものじゃなくて、
ここでだけ。
もうチーズの風味が濃厚。
カマンベール使ってる気がする。
本当にチーズの使い方がうまい。
これもくせになりました。


でも月曜に頼んだら、
『temporaly no dessert menu』
って言われたので、
月曜が翌日から用にデザート作る日なのかもですね。
お客様中心でないのがカナダです笑


あまりのおいしさに、お酒飲まずに、水だけで食べに行ったこともあります、実は。

もちろん、アルコールの種類もたくさん。
ドラフトビールから、ワインにカクテル。
Pubですから。

おまけの写真

にほんブログ村 グルメブログ 各国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村