読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダで食べてみる?

移民の国、カナダの特権は世界各国の料理を楽しめること。

イスラエル、ユダヤ系のレストランに行ってみた【Toronto 】

CAPLANSKY'S DELICATESSEN
Toronto

サンドウィッチとかあるし、
名前からしてヨーロッパとかロシアとかウクライナ系かなと思っていた。
スモークミートとか言ってるから、案外ケベック系かなとか。

この青いお店、目立ちますよね。
実は青いのにはわけが。。。



中も普通なヨーロッパ系とゆうか西洋系でしょう。

私は初めてきたお店だし、
ポーチトエッグが食べたくてしょうがなかったので、
クラシックスクランブルとゆう基本の朝ごはんメニューでポーチトをリクエスト。
エッグ2個、ソ-セージ、トースト、サラダみたいなやつです。 



これがそれ。
確かに基本の朝ごはんなんだけど、
ちょっと違う。
この手前の丸いものはポテトでした。
コロッケに近いもの。
そして、その下にあるベーコンはなんとビーフベーコン。
初めて食べたかも??



いろんな種類のマスタード。
自家製のようで、おうちで使えるように売ってました。
マイルドandデリシャスとかホットとか、
ハニーマスタードもあったかな。


このお店、チャイナタウンが近いのに、
ここにくるお客さんにアジア系の人はおらず、
ダンディなおじさん、おじいさんが多かった。
そして、結構じろじろ見られてました。

なんか、場違いなところに来てるかんじが?
でもオーダーとってくれたサーバーのお姉さんはフレンドリーでやさしかった。
アジア系の感じのいいお兄さん従業員も現れた。
このお兄さん、サーバーなのかオーナーなのかなんなのか。
だって、オーナーはお店の顔になってる白人の人だしなあ。

じつは、オーダーとった人とはちがうお姉さんが他の人のオーダーを持ってきた。
それが目玉焼きだったから、うちは
『ああ、ポーチトエッグ、
聞き入れてもらえなかったんだ、
まあ、目玉焼きでもいっか。。。』
くらいで食べようとした。

そしたらこのお兄さんに『君、お肉食べるよね?』
っていきなり聞かれて、
私はびびりながらも
『はい、あ、実はクラシック頼んでポーチトにしてほしかったの』
って言った。
『ああ、ごめんね、
そのメニューにはベーコンついてくるし、あと2分ちょうだい』

そして、私の料理は実は他のひとのやつだった。
その人もミート食べる人だったっぽい。
なんでミート抜きってなったんだろ??

あ、うち、コーヒーにミルクいらないって言ったから、ビーガンだと思われたかな??
このお兄さん、私の料理を持ってきたお姉さんを怒りの目で見つめ
『She is...(あいつ。。。)プンプン』と怒っていた。
彼が彼女に注意しても『ごっめーん』くらいの返事。


うーん。もしかして、かるーく人種差別されたかな??


ダンディおじいさんたちからうすうす感じていた
『なんでこの店に中国人(大概アジア人=中国人)おんねん』
的な視線。

お兄さんの必死なカバーっぷり。
お兄さん、何回も隙なくコーヒーのお代わりもってきてくれてた。

あと、私みつけた、このお店がどこの国かって。



このTシャツの中にJewsの文字が。。。

そう、ジューイッシュ系、ユダヤのお店。
ジューイッシュのお店にアジア人いたらそらガンミだよね。

ジューイッシュの母から生まれた子ならジューイッシュになれる彼らの宗教。
ダンディおじいさん達は、うちのお母さんはジューイッシュだけど、
お父さんはアジア人だとでも
妄想を果せていたのかな。。。

そういえば、メニューにもジューイッシュのマークがあったな、ダビデの星。
よく見ずに勝手にベジタリアン用メニューだとか、このお店のおススメだと思っていた。

そして、このお店のロゴにも実はダビデの星。
Caplansky'sのアポストロフィーがダビデの星だった。

こんなのユダヤの人じゃないと気づかんわ。
もっと主張しといて。
あ、そういえば、ここのお店、青と白の基調ですね。イスラエルの国旗のように。

彼らの宗教の食べ物はコーシャー(Kosher)といって、豚のベーコン、ダメなんだよね。
ケンジントンももとはといえば、イスラエルからの移民達が開いたエリアだって聞きました。
スモークミートもイスラエルからモントリオールに移民して来た人が根付かせた料理。
スモークミーを食べてるダンディおじさん多かったなー。
スモークミートが一押し料理だと思ったが、そりゃある意味一押しだよね。

味以上のおもしろさに出会えました。

イスラエル、ユダヤ料理だと分かった今、次行くときには絶対スモークミート頼みます。


おまけの写真

にほんブログ村 グルメブログ 各国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村