カナダで食べてみる?

移民の国、カナダの特権は世界各国の料理を楽しめること。

eat-inのあるお肉屋さん【Toronto】

SANAGAN'S MEAT LOCKER
Toronto

このお店、メインはButcher(お肉屋)です。

かわいいお店ですよね。
このお店はお肉屋さんとして、
とっても評判がよく、
週末はごった返しているようです。

品質のいいフレッシュなお肉を手に入れられるところ。
チキン、ポーク、ビーフのほかに、ラム、ターキーもあります。

写真にあるハム系のお肉ですが、真ん中のやつ、ゆで卵が…!?!?

数年前にオープンしたお店で、
当初はもっと安くて品質がよかったなんて声も聞きますが、
その人気は今もしっかり健在です。
平日に行っても常にお客さんはいました。

ちょっとおしゃれなこだわりのある飲み物やソースなども完備。
この中に『Okazu』とゆうビンがありました。
何でここに日本語?

そのお話は後半に。。。

ちょっとしたお土産系もありました。
この手前上にあるショッピングバッグ、
お店のロゴ意外にもToronto, Kenginton Marketの文字が入っていて、
ホントにお土産にぴったし。

さてさて、このお肉のショーケースの反対側で
こちらのお肉を使った軽食をオーダーできるようになっています。

そして、窓辺の小さなカウンタースペースで座って食べれます。
席あいてるといいですね。

サンドイッチとかそのサイドにスープやフライ、サラダなど。
お肉屋さんのお肉を使ったサンドイッチなんて、おいしいに決まってる!


写真をなくしてしまったのですが、
もう見て、おいしいとかんじるサンドイッチ。

ローストビーフにグレイビーのかかったもの。
チーズもイン。
お肉がやわらかくて、味が濃すぎなーい。

ハンバーガー(サンドイッチ)食べてるのに、
体にいい気すらしてきます。



こちらは、期間限定と思われる、
スペシャルメニューの
ステーキ肉にブルーチーズのサンドイッチ。

なんか、こっちの料理って、
意外にブルーチーズの使い方が上手だなーって思います。

このお肉も普通ーに噛み切れる柔らかさ。
ステーキのように厚い肉なのに。

サンドイッチの種類はビーフだけでなくいろんなお肉で6,7種類あったので、
他のメニューも試したい。



ケンジントンマーケットの雰囲気を楽しみながらゴハン。

さっきの、Okazuの話ですが、
大きな声で
『なんでこんなとこにOkazuなんて文字があるの~』
って不思議がってたら、
その作った人がまさかの真隣に座ってました。


いきなり日本語で
『あのーその、Okazu、わたしがつくりました』
もーびっくり。
白人金髪のおねーさんが日本語で話しかけるんだもん。

彼女は日本に7年(だったはず)も住んでいて
2年前にトロントに帰ってきたらしい。
『7ねんもにほんにすんでいて、これだけしかしゃべれなくて、はずかしいですが・・・』
いやいや、その謙遜具合が7年いた証拠。

彼女はABOKICHIというお店でおにぎりを作って販売しています。
メインはサンドイッチ屋さんらしいけどね。
彼女いわく、
『おにぎりは他のお店(アジア系スーパー)でも売っているけど、
あれはニセモノですね。』

おねーさん、分かってるね。
そんな彼女の名刺の肩書きは『Rice Baller』
おにぎりってそんなにかっこよかったっけ!?

Meat Lockerで売っていたOkazuの正体は
どうも『食べるラー油』のようです。
実際食べてないけど、見た感じ。

おまけの写真

にほんブログ村 グルメブログ 各国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ カナダ旅行へ
にほんブログ村