読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダで食べてみる?

移民の国、カナダの特権は世界各国の料理を楽しめること。

おしゃれ系ワッフル専門カフェ【Toronto】

カナディアン系 スイーツ系 カフェ系

STARVING ARTIST
Toronto

外観からしておしゃれカフェ。

ワッフル専門のお店です。
専門といっても、なめてはいけない。
デザート系の甘ーいワッフルはもちろん、
ゴハン系ワッフルまであります。

ベーコンや野菜を挟んだワッフルサンドウィッチ、
ワッフルブをイングリッシュマフィンのように使ったブレックファースト。
スモークサーモンやアボカドなんかもワッフルと一緒になってます。

ドリンクもコーヒーやティー、アルコールまで完備。
でも9amから6pmの営業なのでCafeくくりにしました。
基本西洋風ゴハンもだいたい”カナディアン料理”くくりです。

わたしは今回、
王道デザートワッフルを堪能。
各テーブルにブラウンシュガーとメープルシロップが置いてあって、
どうしてもシロップたっぷりかけて激甘ワッフルが食べたくなってしまいました。



ワタシが頼んだのは、マシュマロが盛りだくさんのったチョコがけワッフル。
アイスコーヒーと一緒に。

これにメープルシロップをたっっっぷり。
コーヒーにもシロップ。
ちょうど甘いもの食べたーいと思ってたときのお友達のお誘いだったので、
これも何かの縁と思いきり、
かけまくりました。(意味分からん言い訳)

友達はワッフルのBenny's breakfastたのんでました。
イングリッシュマフィンのより軽い感じかな。

基本、こうゆうおしゃれカフェやパブはGayさんが経営していることが多いです。
ストレートのカナダ男にこんなおしゃれなセンスはない。
ストレート男には男臭いスポーツバーしか作れないんでは?

今回、このお店では女性しか働いてなかったので、Gayさん経営じゃないかも。
と思っていたら、HP見てて男性オーナーだと知り、ちょっと疑いはじめました。



こちらのロケーションは2号店らしいです。
1号店には行った事ないのですが、
狭くて、キレイでないらしく、
それでも老舗で人気があるため、
こちらの垢抜けた感じのお店ができたのでしょう。

うーん、そう考えるとやっぱGayさんオーナーじゃないかも?
誤解のないように書いておきますが、
Gayさんオーナーのパブ、カフェ、大好きです。
日本人の好みにマッチしてると思います。
キレイでほんとにおしゃれ。

おまけの写真

にほんブログ村 グルメブログ 各国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ カナダ旅行へ
にほんブログ村